相続放棄と相続する順番 | 相続放棄のご相談やお手続きなら【相続放棄相談センター】

相続してしまった借金・財産を放棄したい方をサポートします。大阪相続放棄相談センター 運営:司法書士法人ABC


相続放棄と相続する順番

亡くなった親や親族に借金があった場合に、相続放棄をすべき人は相続人です。
ですから、相続人が誰か、ということが重要なポイントになってきます。
また、誰かが相続放棄をすると、場合によっては、他の方が相続人になってしまうケースもあります。

誰が、どういった場合、相続人となるのでしょうか?

例えば、夫と妻と子供という家庭において、妻が亡くなった場合、夫と子供が相続人となります。
また、亡くなったひとが未婚で子供もいないような場合、その親が相続人となります。

順番

第0順位.配偶者(つねに相続人)
第1順位.子供以下直系卑属のライン
第2順位.親以降直系尊属のライン(第1順位の相続人が誰もいない時のみ)
第3順位.兄弟姉妹の横のライン(第1順位、第2順位の相続人が誰もいない時のみ)

複雑ですが、具体的に、自分とどのような関係に当たる人が亡くなった場合に、自分が相続人となる可能性があるのか見たいと思います。

確実に相続人になるケース

父母の死亡
配偶者の死亡

場合によっては相続人となるケース

子供の死亡
兄弟姉妹の死亡
祖父母の死亡
父母の兄弟姉妹の死亡
祖父母の兄弟姉妹の死亡

万が一、上記に当たる方がお亡くなりになった際に慌てないためにも、ご自身が相続するのか、しないのかについて準備しておくほうが良いと思われます。
ご自身が相続人になるのか、また、相続すべきか否かについて不安がある方は、是非私どもにご相談ください!

相続放棄の基礎知識その他のメニュー

相続放棄の基礎知識

相続放棄と限定承認の違い

相続放棄と相続する順番

期日を過ぎた相続放棄

相続放棄の手続き

 


無料相談バナー.PNG

HOME

事務所紹介

当事務所が選ばれる理由

     

サポート料金表

無料相談の流れ

アクセス