相続放棄のご相談やお手続きなら 【相続放棄相談センター】

ABCアライアンス 相続放棄相談センター

0120965289
運営:司法書士法人ABC

相続放棄の相談事例

離婚後疎遠だった父の熟慮期間経過後の相続放棄

東京都 S.S様

幼いころに離婚し、疎遠状態だった父が3か月前に亡くなりました。
亡くなった当日に、後妻さんから連絡を受けたので死亡したことは知っていたのですが、父とは疎遠でしたし、他に家族がいたので父の財産のことや家計の状況などは全く知りませんでした。

葬儀のあと、後妻さんに何度か連絡してみましたが音信不通となってしまい、父のことについて話を聞くことができずにいました。
ところが先日、突然区役所から父の未払いの税金について督促状が届いたんです。
父には家族がいたのになぜ?という気持ちと、突然の督促に驚き後妻さんはなぜこの事実を教えてくれなかったのかと悲しい気持ちになりました。

父が亡くなってからすでに3か月を超えています。私はもう相続放棄をすることはできないのでしょうか?

ご相談内容

S様がまだ幼いころご両親が離婚し、S様とご兄弟はお母様の元で生活されていました。

離婚後、お父様は別の女性と再婚され新たな家庭を築かれていたとのことで、S様とお父様は徐々に交流がなくなりました。

たまにお電話で連絡を取り合うことはあったようですが、お父様のご家庭の生活状況などを聞くことはもちろんなく、どのような生活を送っているかはご存じありませんでした。

そのような中、お父様が亡くなり葬儀には参列されたそうですが、葬儀の場でもあり後妻様と、お父様の相続に関する話をされるようなことはなかったとのことでした。
しかし、葬儀の後落ち着いたころに、後妻様へ何度か連絡をしてみたところ、一切応答がなくなってしまいお父様についてどのような財産が残っていたのか、負債が残っているのかなどを確認することができない状態になっておられました。

そうしているうちに3か月が経過し、ある日突然市役所から督促状が届くことになりました。
突然の知らせに驚いたS様は市役所へ連絡をしてみたところ、なんと後妻様とそのお子様方は相続放棄の手続きを済ませていたということが分かったのです。

S様とご兄弟は、お父様についての資産や負債の状況を知らされることなく、相続人として取り残されてしまい、すでに3か月が経過してしまっていることから、意気消沈したご様子でいらっしゃいました。

相続放棄相談センターへ相談された結果

本来、相続放棄の手続きは自身が相続人となったことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所へ申立をしなければなりません。
S様の場合は亡くなった方の子であるため、相続人となったことを知った日=亡くなったことを知った日となり、すでに3か月の期限が過ぎていました。

しかし、このように相続放棄の期限が経過していても、例外的に相続放棄が認められる場合があります。

S様のご事情を伺うと、両親の離婚後長い期間お父様とは離れて暮らしており、生活状況は全く知らされておりませんでした。
お父様の葬儀の席でも、資産や負債に関する状況を聞くことはできず、後妻様とは音信不通となってしまいました。
家庭裁判所へ申し立てる際、上記の事情を説明し、S様がすぐに相続放棄の手続きを取らなかったことはやむを得ない状況にあったと主張しました。

この事情説明により、家庭裁判所にS様の事情を理解していただき、無事相続放棄が受理されることになりました。


  • 0120965289
  • メールで無料相談

相続に関する無料相談会

TOP

借金・財産を放棄したい方をサポート!9時~18時無料相談受付中!