相続放棄のご相談やお手続きなら 【相続放棄相談センター】

ABCアライアンス 相続放棄相談センター

0120965289
運営:司法書士法人ABC

相続放棄の基礎知識

【相続放棄申請のチャンスは1度きり】期限や不備にも注意

注意すべきポイント1 相続放棄申請のチャンスは一度きり!

借金を相続しない為の手続き、いわゆる相続放棄の申請手続きは、「自身に相続が始まったことを知ってから3ヶ月以内」に家庭裁判所に申述しなければなりません。

また、相続放棄の申請はたった一度きりのチャンスです。
内容等に不備があり、家庭裁判所に申請を却下されてしまった場合、再申請を行うことは認めれず、その決定は決して覆すことが出来ません。

つまり、全ての借金を自身が責任を持って負わなければならないのです。

相続放棄は、自身で申請を行うことも可能ではありますが、面倒であるだけでなく、上記のように内容に間違いがあると取り返しのつかないことになってしまいます。

そして、このように自分で取り組んだものの申請が却下されてしまった、という例は決して少なくありません。

その為、当事務所は相続放棄を申請する際には、相続放棄の専門家に一度ご相談されることを強くお勧めいたします。

注意すべきポイント2 3ヶ月の期限を越えた相続放棄は非常に困難!

相続放棄は、原則として3ヶ月以内に申請しなければならないと規定されていますが、期限を越えてしまった場合でも、例外的に相続放棄申請が認められることがあります。

しかしながら、この期限越えの相続放棄は、相続の専門家である司法書士であったとしても、避けてしまうことが多いくらい非常に難易度の高いものです。

相続の専門家である司法書士ですら、そのような状況ですので、相続の知識が少ない皆様が手続きを行った場合に、相続放棄申請が通ることは極めて稀なケースといわざるを得ません。

よって、3ヶ月の期限を越えた相続放棄は、依頼する専門家を慎重に選ぶ必要があるのです。
万が一、申請が認められなかった場合には、全ての負債を背負わなければならないことは肝に銘じておかなければなりません。

当事務所は、相続放棄の専門事務所として、これまで年間800件程度の相続放棄に関する問い合わせをいただき、解決してまいりました。

特に、3ヶ月の期限を越えた相続放棄は、全てのご相談の中でも半分以上を占めるなど、期限を越えた相続放棄の解決実績も多数あり、ほぼ全ての申請を通してまいりました。

相続放棄に関してお悩みの方は、一度お気軽に相続放棄の専門家である私どもに、是非ご相談ください。

この記事を書いた人
しいば もとふみ
椎葉基史

司法書士法人ABC 代表司法書士

司法書士(東京司法書士会 第7875号、簡裁訴訟代理関係業務認定第612080号)
家族信託専門士 司法書士法人ABC代表社員
NPO法人相続アドバイザー協議会理事
株式会社アスクエスト代表取締役
株式会社負動産相談センター取締役

熊本県人吉市出身、熊本高校卒業。
大手司法書士法人で修行後、平成20年大阪市内で司法書士事務所(現 司法書士法人ABC)を開業。
負債相続の専門家が、量においても質においても完全に不足している状況に対し、「切実に困っている人たちにとってのセーフティネットとなるべき」と考え、平成23年に相続放棄専門の窓口「相続放棄相談センター」を立ち上げる。年々相談は増加しており、債務相続をめぐる問題の専門事務所として、年間1000件を超える相談を受ける。
業界でも取扱いの少ない相続の限定承認手続きにも積極的に取り組み、年間40件程度と圧倒的な取り組み実績を持つ。

【 TV(フジテレビ・関西テレビ・毎日放送)・ラジオ・経済紙等メディア出演多数 】
 ■書籍  『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』(ポプラ社)
 ■DVD 『知っておくべき負債相続と生命保険活用術』(㈱セールス手帖社保険 FPS研究所)

0120965289

0120965289

相続に関する無料相談会

TOP

相続してしまった借金・財産を放棄したい方をサポートします