相続放棄のご相談やお手続きなら 【相続放棄相談センター】

ABCアライアンス 相続放棄相談センター

0120965289
運営:司法書士法人ABC

相続放棄の基礎知識

【相続放棄と預金の利用】財産の処分をしてはならない

相続放棄する場合の重大な原則として、亡くなった人の相続財産を勝手に処分してはいけない、
というルールがあります。

それは、何度もお伝えしているかと思いますが、
相続放棄とは、亡くなったひとの財産も借金も、一切相続しない!ということだからです。
もし仮に、相続放棄をする前に、財産の処分をすることに制約がなければどうなるでしょうか?
そうなると、相続放棄の前にプラスの財産のみを自分のものにし、その後放棄することにより、借金の支払義務を免れたらよいということになり、それれでは「あまりにも債権者に対し、不誠実だ」と法律は考え、そのような場合の相続放棄を認めないのが原則です。

ですから、相続放棄を選択したのであれば、亡くなったひとの預貯金などを勝手に処分する権利は当然にありません。
相続放棄をしていながら、亡くなったひとの預貯金などを処分した場合、相続放棄が認められない可能性が著しく高くなりますので十分に注意してください。

では、すべての財産を一切処分してはいけないか、と言うとそうとも限りません。
処分しても、相続放棄に支障をきたさない財産も中にはあります。
どういったものを処分してもいいのかと言いますと、

「資産価値」がないもの。

と定められております。
しかし、「資産価値」のないものはどういうものなのか、明確な基準がないため判断に困ってしまいます。

私どもから、一つ基準を提示するとすれば、“質屋さんが買い取ってくれないもの”と考えればよいと思います。
「客観的に見て」価値がないもの。
あまり嗜好性に左右されないものとなります。

この記事を書いた人
しいば もとふみ
椎葉基史

司法書士法人ABC 代表司法書士

司法書士(東京司法書士会 第7875号、簡裁訴訟代理関係業務認定第612080号)
家族信託専門士 司法書士法人ABC代表社員
NPO法人相続アドバイザー協議会理事
株式会社アスクエスト代表取締役
株式会社負動産相談センター取締役

熊本県人吉市出身、熊本高校卒業。
大手司法書士法人で修行後、平成20年大阪市内で司法書士事務所(現 司法書士法人ABC)を開業。
負債相続の専門家が、量においても質においても完全に不足している状況に対し、「切実に困っている人たちにとってのセーフティネットとなるべき」と考え、平成23年に相続放棄専門の窓口「相続放棄相談センター」を立ち上げる。年々相談は増加しており、債務相続をめぐる問題の専門事務所として、年間1000件を超える相談を受ける。
業界でも取扱いの少ない相続の限定承認手続きにも積極的に取り組み、年間40件程度と圧倒的な取り組み実績を持つ。

【 TV(フジテレビ・関西テレビ・毎日放送)・ラジオ・経済紙等メディア出演多数 】
 ■書籍  『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』(ポプラ社)
 ■DVD 『知っておくべき負債相続と生命保険活用術』(㈱セールス手帖社保険 FPS研究所)

0120965289

0120965289

相続に関する無料相談会

TOP

相続してしまった借金・財産を放棄したい方をサポートします