相続放棄のご相談やお手続きなら 【相続放棄相談センター】

ABCアライアンス 相続放棄相談センター

0120965289
運営:司法書士法人ABC

相続放棄の基礎知識

固定資産税や不動産の放棄

Q.私は4人兄弟の三男で、農業を営んでいた父親は5年前に亡くなりました。
私は若くして上京し、あまり帰省はしていませんでした。

父親の相続財産は僅かなお金と、買い手の到底付きそうにない山奥の山林や田畑などがあったようですが、なにぶん実家を出てしばらく経つため、詳細はよく知りませんでした。
また、長男である兄が稼業を継いでおりましたので、そういった事は全て兄に一任している状況でした。

しかし、相続手続きは未完了のまま何年間も放置してあったらしく、十数年経ったある日、私の元に町役場から固定資産税の納税義務承継通知書が届きました。確認したところ、固定資産税の滞納がありその金額が100万円を超えていました。私は、遠方に住んでいる為に、山林や田畑を必要としていませんし、財産自体もいらないと考えています。

その固定資産税の支払から逃れるために、山林、田畑の相続放棄をしたいと考えていますが、この場合、どのような対応をすればよいのでしょうか。

A.上記の場合には、主に2つの対応方法があります。

1.相続放棄をする

2.遺産分割協議を行い、他の相続人に権利を譲る

1つめは、お父さんの相続について相続放棄することです。
裁判所に相続放棄の申述(申し立て)をする方法となります。

ただ、通常の申し立て期限である、(父が)亡くなってから3ヶ月を大幅に超えた後での申し立てになるため、認められるかどうかは裁判所の判断次第になり、相続放棄を認めてもらいやすい申述書をつくる事が重要です。そのため、専門家に依頼したほうが良いかと思います。

2つめは、お父さんの遺した山林や田畑は要らないという意思表示をして、相続人(兄弟)間で遺産分割協議書を作成して、他の相続人(兄弟)に譲る方法です。
ただし、相続人全員の合意が必要になるため、相続人の関係性によっては、話し合いがまとまらない、長期化するといった事が懸念されます。

とにかく一番まずいのは、何もしないまま放置することです。
手続きをせず放置している間に、相続人のひとりがさらに亡くなってしまうと、その相続人に対して新たに相続が発生することになります。たとえば、相続人の兄弟が死亡した場合ですと、その妻子が新たに共有者として入ってくるため、非常にもめやすい状態となります。

また、今回のケースでは、どうやら相続人のどなたも固定資産税を払っていらっしゃらないようですので、今の状態が続くと、役所は相続人の資産から税金の回収を図るため、ご自身の給与や自宅が差し押さえられ、最悪の場合、自宅を失うことになったりする可能性も出てきます。

このようなことになってからでは大変です。
まずは、お早めに相続問題に詳しい相続放棄相談センターの専門家にご相談ください。

この記事を書いた人
しいば もとふみ
椎葉基史

司法書士法人ABC 代表司法書士

司法書士(東京司法書士会 第7875号、簡裁訴訟代理関係業務認定第612080号)
家族信託専門士 司法書士法人ABC代表社員
NPO法人相続アドバイザー協議会理事
株式会社アスクエスト代表取締役
株式会社負動産相談センター取締役

熊本県人吉市出身、熊本高校卒業。
大手司法書士法人で修行後、平成20年大阪市内で司法書士事務所(現 司法書士法人ABC)を開業。
負債相続の専門家が、量においても質においても完全に不足している状況に対し、「切実に困っている人たちにとってのセーフティネットとなるべき」と考え、平成23年に相続放棄専門の窓口「相続放棄相談センター」を立ち上げる。年々相談は増加しており、債務相続をめぐる問題の専門事務所として、年間1000件を超える相談を受ける。
業界でも取扱いの少ない相続の限定承認手続きにも積極的に取り組み、年間40件程度と圧倒的な取り組み実績を持つ。

【 TV(フジテレビ・関西テレビ・毎日放送)・ラジオ・経済紙等メディア出演多数 】
 ■書籍  『身内が亡くなってからでは遅い「相続放棄」が分かる本』(ポプラ社)
 ■DVD 『知っておくべき負債相続と生命保険活用術』(㈱セールス手帖社保険 FPS研究所)

0120965289

0120965289

相続に関する無料相談会

TOP

相続してしまった借金・財産を放棄したい方をサポートします