相続放棄のご相談やお手続きなら 【相続放棄相談センター】

ABCアライアンス 相続放棄相談センター

0120965289
運営:司法書士法人ABC

メディア情報

株式会社ダイヤモンド・パートナーズ様のニュースレターに掲載されました

2017/08

先日7月20日に当センターの代表椎葉基史が「生保営業最強セミナー」(染宮教育総研株式会社様主催)の講師を担当させていただき、セミナーにご参加いただいた、「株式会社ダイヤモンド・パートナーズ様」発行のニュースレターにてご紹介いただきました。

詳細はこちら⇒

週刊エコノミスト様より取材を受けました

2017/08

当センター代表の椎葉基史が、7/14日に週刊エコノミスト様(毎日新聞出版株式会社)より負債相続の専門家として取材を受けました。共有名義の不動産の相続や、相続放棄等で発生する空き家は増加しており、社会問題となっています。

関西テレビ放送様より取材を受けました

2017/01

当センターの代表椎葉基史が、『死後離婚』について関西テレビ放送株式会社様より取材を受け、1月12日夕方放送の報道番組【ワンダー】の「わたしのモンダイ!」のコーナーで放送されました。
(法律家としての表現は「姻族関係の終了」)
当事務所でも、相続のご相談をいただくときに併せてお話しするケースがあります。 ご主人が亡くなって、嫁姑の関係が悪化してるケースなど関係を断ち切りたいなどのケースで最近増えてきています。
姻族関係終了届は死後いつでも提出でき、相手側の同意は不要、親族関係が終了しますので扶養義務はなくなります。 遺族年金も手続きをすると引き続き受給できます。

株式会社読売新聞社様より取材を受けました

2016/11

実業界

当センターの代表椎葉基史が、11/22に株式会社読売新聞大阪本社様より、『死後離婚』についての取材を受けました。
(法律家としての表現は「姻族関係の終了」)
法務省戸籍統計平成26年度年報によると、「姻族関係終了届」の提出数は2009年1823件が2014年には2202件と年々増加しています。
親族関係が終了しますので、扶養義務はなくなります。

毎日放送【VOICE】様より取材を受けました。

2016/09

当センターの代表椎葉基史が、9/22に毎日放送様より、『死後離婚』について取材を受け、22日夕方放送の報道番組【VOICE】で放送されました。
(法律家としての表現は「姻族関係の終了」)

当事務所でも、相続のご相談をいただくときに併せてお話しするケースがあります。 ご主人が亡くなって、嫁姑の関係が悪化してるケースなど関係を断ち切りたいなどのケースで最近増えてきています。
親族関係が終了しますので、扶養義務はなくなります。

経済紙【実業界】様に記事が掲載されました

2016/09

実業界

当事務所の代表椎葉基史のインタビュー記事が、株式会社実業界様出版の月間経済紙【実業界】に掲載されました。
 負の財産を背負ってしまい困っている人々や、住む予定のない実家を相続して空き家となり困っている人々のために、負債相続のエキスパートとして活動していると掲載されています。

書籍を共同出版しました

2016/07

相続は準備が9割

当事務所の代表椎葉基史が、株式会社アックスコンサルティング書籍を共同出版いたしました。
遺言書の書き方、民事信託を利用した相続対策、『争族』にならないために・・、など、 『円満相続』に向けての方法や、私たちがするべき事などを、 執筆させていただいております。

保険毎日新聞様に記事が掲載されました

保険毎日新聞

当事務所の代表椎葉基史が、先日プレスリリースいたしました『社長の相続110番』につきまして、保険毎日新聞様に記事が掲載されました。

「茨城新聞」様に記事が掲載されました

当事務所の代表椎葉基史が、「負債相続」について 茨城新聞5月9日朝刊に掲載されました。(時事通信社配信)

「釧路新聞」様に記事が掲載されました

当事務所の代表椎葉基史が、「負債相続」について 釧路新聞4月27日朝刊に掲載されました。(時事通信社配信)

「陸奧新報」様に記事が掲載されました

当事務所の代表椎葉基史が、「負債相続」について 陸奥新報4月15日朝刊に掲載されました。(時事通信社配信)

「静岡新聞」様に記事が掲載されました

当事務所の代表椎葉基史が、「負債相続」について静岡新聞4月13日夕刊に掲載されました。(時事通信社配信)

「時事通信社」様より取材を受けました

当事務所の代表椎葉基史が、「負債相続」について時事通信社様より取材を受けまして、4月12日付けで全国向けに配信されました。

物流ウィークリー(新聞)様より 取材を受けました

当事務所の代表椎葉基史が、先日プレスリリースいたしました『社長の相続110番』につきまして、物流ウィークリー様から取材を受けました。

相続の仕組みを知らない人や、専門家の知識不足により適切な対応ができずに泣き寝入りしている『負債相続難民』について、 相続発生後の対応だけでなく、事前相談の対応で負債相続問題で困窮する人々を減少させる取り組みが必要であると判断 『社長の相続110番』の専用窓口を設置いたしております。 「事前相談で安心して経営を進めてほしい」とコメントしています。

” グレート・カンパニー・アワード2015 2015年度版・31社” に選出されました

グレート・カンパニー

株式会社船井総合研究所様主催の

【グレード・カンパニー・アワード2015】

におきまして、 『ビジネスモデルの優れた良い会社』部門にて選出していただきました。 事務所をご利用いただいております皆様、 ご協力いただいております皆様に感謝いたします。 ありがとうございます。

執筆協力させていただきました!

あなたの不動産が「負動産」になる

事務所代表・椎葉基史が公私共にお世話になっており、日本初の遺品整理専門会社として全国に事業を展開していらっしゃいます、キーパーズ有限会社の吉田太一社長様が出版されました、

『あなたの不動産が「負動産」になる』(ポプラ社)

に、当法人代表 椎葉基史が一部執筆協力させていただきました。

p.189 ~ p.203 /『固定資産税の支払い義務は、相続放棄で回避できる』部分を執筆協力させていただきました。

「夕刊フジ様」から取材を受けました

2014年6月26日の取材記事

当事務所代表司法書士椎葉基史が、「夕刊フジ様」から取材を受けました。

2014年6月26日付け 夕刊フジ➡

借金など負の財産も相続の対象になり、残された家族が深刻な事態に追い込まれるケースが増えていますが、その解決策として相続放棄が特集され、全国でもトップクラスの相談件数を誇る当事務所に取材をいただきました。

産経新聞者様から取材を受けました

2013年6月25日の産経新聞者様の取材記事

当事務所の代表司法書士椎葉基史が、 相続放棄に関するこれまでの実績を認められ、 産経新聞者様から取材を受けました。

借金や滞納金など負の財産を相続することによるトラブルが増加していることについて、有効な予防策の一つである相続放棄について、相続放棄の専門家としてコメントしています。

※無断転載不可

詳細はこちら⇒

相続に関する無料相談会

TOP

相続してしまった借金・財産を放棄したい方をサポートします